女医さんも使ってる乾燥肌用の化粧品

大人になってからかなり乾燥肌が進んだなぁって感じます。

そこで良い化粧品はないかなって思っていたのですが、ある女性誌を見たら、女医さんも使っている化粧品ということで、ファンケルのFDR化粧品が紹介されていました。

こちらは、ファンケルのヘルスサイエンスチームが研究を重ねて作ったもので、もともと敏感肌用の化粧水などです。

しかし、保湿効果が高くて、店員さんからも乾燥肌にも良いと勧められました。

そもそも乾燥しているのって肌が水分を保持できないくらい弱っているってわけですしね。

使用してみて良いなと感じるのは、一ヶ月分が3つのボトルに分かれて入っていることです。

つまり一つのボトルで10日分になっています。

かなり使いやすくて、使う分だけ開ければいいので、化粧品が新鮮な感じがします。

ボトルが小さいので携帯にも便利です。

旅行のときとかもさっとかばんに入れられるのがいいなって思います。

緑のボトルで癒やし系でもありますしね。

あと、無香料なので、誰でも使いやすいというのがいいと思います。

香料が入っていない分、化粧品をつける楽しみは薄いのが残念ともいえます。

ただ、肌に優しく、コストパフォーマンスも良いので乾燥肌で悩む人にはおすすめです。
乾燥肌のための基礎化粧なら

隠れ乾燥肌の人について

女性にとって肌トラブルは大きな悩みの一つですが、肌トラブルの代表的なものが乾燥肌です。

肌が乾燥するとしわやしみの原因になり、見た目も老けて見えます。

明らかに乾燥肌と自覚している人であれば、使用する基礎化粧品や化粧水、乳液などを保湿性の高いものを使用することができますが、実は自分が乾燥肌と自覚していない隠れ乾燥肌の人も少なくないです。

隠れ乾燥肌の人の場合、見た目にも乾燥肌と言う感じがせずに、逆に皮脂がたくさん出ているようにも見えます。

そのため本人も他人もオイリー肌だと勘違いしてしまい、保湿性の高い基礎化粧品ではなくどちらかというとさっぱりタイプの基礎化粧品や化粧水を使用していることがおおいです。

しかしそういった皮脂問題も実は乾燥からくるケースもあります。

顔の油分と水分のバランスがとれていなく、水分がふそくしているために皮脂が表面に出てしまうというのです。

そういった隠れ乾燥肌の人の場合は、いくらさっぱりタイプの化粧水を使用しても効果はありません。

逆に症状は悪化するばかりです。

改善するためには水分を肌に含むことが重要なので、しっかりと化粧水を入れる事、また乾燥しないように保湿することが重要になります。